不器用で運動が苦手というのもアスペルガー症候群の特性の1つです。変な動き方をして笑われた りいじめられたりして深く傷つく場合もあります。

KIMG0423

頭とからだがパラバラに動いてしまう

 アスペルガー症候群の人は不器用でからだを動かすことが苦手です。特に球技などのルールとからだの動きが複雑に組み合わさっているスポーツには混乱してしまいます。
 スポーツというのは、瞬間的に動いていきます。ルールを頭で確認している間に次の動きが要求されます。スポーツが得意な人にとっては何でもないことでも、アスペルガー症候群の特性を持っている人にとっては、複雑な動きや臨機応変な動きにからだがついていかないのです。
 アスペルガー症候群の人にとっては、「なぜ、サッカーは手を使ってはいけないのか」、「なぜ、バッターは打ったら1塁に走るのか」といったようにスポーツのルールを理解することも難しいのです。次に、ほかの人の動きを予想しながら自分も動くといったように、想像力を働かせることができないために、なかなかスポーツに「参加する」という意識が持てないという面もあります。
 ただし、アスペルガー症候群の特性を持っていてもできるスポーツもあります。徒競走や水泳といったルールの簡単な個人競技だと比較的好きな人もいます。
 結果的に失敗を繰り返して笑われたりすると、恐怖から体育やスポーツがますます嫌いになってしまう人も少なくありません。大人になっても、そのことが劣等感として残る場合もあります。

illust64