恋人がどのように感じているのかに思いを巡らし,もし相手の調子が悪ければ慰める必要があります。相手を傷つけるようなことは,決してせず,言わないよう気を付けましょう。恋人の心を傷つける恐れのあることはしてはいけません。恋人を,不快に思う状況に追い込まず,相手を危険から守るつもりでいてください。

 アスペルガーと診断を受ける前もその後も,誰にも大切にされた経験がなく,そばにいてくれる人もいなかった人がいるかもしれません。多くのアスペルガーの人が,いじめや排除,孤立を経験しているのは周知の事実です。孤立を選んできたのでなく,結果として仕方なくそうなったのです。そんな過去のために,あなたがこれまで誰かをいたわる習慣がなかったとしても心配ありません。経験があろうとなかろうと,誰しも人をいたわる潜在的な力を持っています。アスペルガーの多くの人は,実際には親切で優しいにも関わらず,“風変わり”“奇妙”などとしばしば敬遠され,その特性を示すチャンスがあまり持てなかったのです。
 もし,これまで人生で避けられ排除されてきたなら,阻害した人たちが負けだと,心を強くもってください。あなたは倣慢でも冷酷でもありません。ありのまま受け止めてくれる人が現れれば,自然に彼/彼女らをいたわれるでしょう。