この章では,あなたがデートをしたい相手を見つけたあと,どのように関係を深めるかについて述べています。

・最初のデート

デートの相手を見つけたら,次に出かける場所を決めましょう。アスペルガーの人は,先の見通しをもっておくことを好み,はっきりしていないことやサプライズは苦手なため、デートの予定について、前もって電話で相談しておきましょう。もし,電話が不安なら,携帯メールや電子メールを使いましょう。デートで何をするか意見がまとまったら,もう突破口は開いています。つまり,先に互いに連絡をとりあっているので,デートで出会うときには,少し打ち解けていることになります。

・映画や劇場

アスペルガーの人,特に社会性不安がとても強く引っ込み思案の方に適したところです。ここでは,視線を合せるなどの非言語サインを読む必要もありません。映画や舞台では,幕間の休憩時間に会話してもかまいません。どのような映画や舞台を見に行くのかは,十分注意してください。もし,どちらかが不快に感じる内容であれば,あとでケンカになります。どの映画や舞台を見るかの相談は,二人でする最初の話題に適しており,シンプルにやり取りができます。

・食事

 人前での食事が苦手なアスペルガーの人にとっては,悩ましいことでしょう。フォーマルなレストランでの食事には,暗黙のルールやエチケットがたくさんありますが,リラックスできるパブやカフェバーといった堅苦しくないところでの食事は,さほど構える必要はありません。

アスペルガーの場合,食事の好みや食材の組み合わせにこだわる人や,あるいはグルテンとカゼイン抜きの食事療法など,特別の食事を必要とする人がいます。そうなると,デートでのメニュー選びに因ってしまいます。何を食べるか決められない,あ
るいは食べたくないものを選んで後悔するのは残念なことです。デートのときは,店を注意深く選び,何を食べるのか前もってチェックしておくのがよいでしょう。

・少しのお酒

 デートにふさわしいお店なら大丈夫です。少しお酒を飲めば,確かに会話がスムースに流れます。でも,お酒に弱いなら,飲み過ぎると前後不覚になって悲惨な状況になるかもしれません。もし,いつも以上にきちんとした振る舞いをしたいと思うなら,しらふでいる必要があります。

・ダブルデート

理解ある友人とダブルデートをするのも,ひとつのアイデアです。友達があなたの弱みを知っていれば,人前でのふるまいについてアドバイスや,会話が途切れないような言葉かけ,非言語のサインを見逃していないかのチェックなど,サポートをしてくれるでしょう。これは,デートの相手に気づかれないよう,例えばカウンターに飲み物を取りに行くときに,さりげなく友だちに手短に相談し,アドバイスを得るといいでしょう。ダブルデートに適している場所は.ポーリング場や音楽ライブなどです。