これは,とても難しい問題です。遠い昔から議論されてきた“愛とは何か”について,ここで定義を述べるわけではありません。愛はよく,情欲と勘違いされますが,この情欲は純粋な性的魅力や性欲であり,持続時間の短いものです。一方,愛は情欲以上のもので,成長させ長く維持するためには努力が必要だと言われており,愛と情欲の違いは人によって見解が全く異なります。愛はカップル独自のものであり,愛情と情欲が二人の間に同時に現れることもあります。生涯にわたり,愛はとても大切なものです。
 この二つは混同されてはならないものの,よくごっちゃになります。情欲では,理想とする幻想を追い求めるのに対し,愛情はありのままの相手を気遣い,すべてを共に分かち合い相手を深く思いやる,とても力強い感情です。情欲とは,相手に性的に惹きつけられ,親密になり体に触れることを切望するもので,心が相手の感情に向いているという感じは実際にはありません。
 次にあげた,愛情や情欲に関することを,経験したことはありませんか。

◎情欲

・真っ先に,パートナーの性的な魅力について考えている。
・何をおいてもまず,パートナーとの肉体的な関係を強く求めている。
・退屈な現実の生活,日常,困難などよりも,興奮や熱い感情を求めている。
・ありのままの姿ではなく,理想の姿を相手に思い描いている。

◎愛情

・パートナーを丸ごと好きで,これには性的魅力も含まれる。
・何をしていても,いつもパートナーには一緒に居てほしいと感じる。
・相手の安全や幸せを心から願っている。
・愛するパートナーのことを,長所も短所も含めありのまま受け止めている。
・うれしいときもつらいときも,一緒に居たい。
・相手を幸せにするためには,何でもしたいと思う。
・何が起きても,支えようとする。
・二人でひとつであると感じ,別々にいることが想像できない。
・相手に対し,共感を抱く。