これは,昔から議論の的になっていて,多くの考えがあり,年齢, 文化,ジェンダー,性別,人種などによって異なります。簡単に言えば,これは全く一人ひとり違うのです。

・夜あそび

 定型発達者の一般社会では,“ナンパ”もよく行われます。“ナンパ”は,バーやパブ,クラブなどに出かけてお酒を飲み,異性を誘うという,社会の暗黙のルールに従って行動するものです。こういった場所は,大音量の音楽,目まぐるしい光,人ごみなど,感覚刺激が強く,アスペルガーの人にとってはかなりストレスフルで向い
ていない環境です。“ナンパ”では,ちょっとしたお楽しみ,つまりひと時の情事(一夜限りの,深入りしない関係や出会い)がもたれることもあります。

・職場で

 ここでもまた,社会の暗黙のルールに則って物事がすすみます。職場で恋愛関係をもつと,不愉快なゴシップやスキャンダルの的となります。加えて,公私混同すると気が散ってしまい,ボスや上司にとがめられることもあるでしょう。しかし,職場で芽生えた恋愛関係であっても,パートナーと離れて仕事をする,あるいは異なる
部署にいれば,うまくいくこともあります。

・友だちを通して

 心からあなたを気にかけ,理解してくれる友人の存在は大切です。友人は,もしかするとお似合いの相手を紹介してくれるかもしれません。前にも述べたように,長続きするすばらしい恋人関係は,強い友人関係の基に築かれます。もしいい出会いがなければ,まずは思慮探い友人に恋人候補を紹介してもらってはいかがでしょう。近しい仲間が,あなたが恋人募集中と知って,一人で探すより多くの恋人候補を紹介してくれるかもしれません。また,良き理解者なら,パワンス良く客観的に評価した上であなたにふさわしい人を紹介しでくれるでしょう。しかし我々は,人の外見やうわさにほだされ,主観に流されるので,気をつけましょう。

・共通の趣味を通して

 これが,最良の方法であると思います。アスペルガーの人は,とても強い興味を持っているとすでに述べましたが,ひとつの話題に解析したり,自分の関心に長時間没頭することがあります。このような傾向があるなら,その興味関心を共有できるパートナーとの出会いをさがすとよいでしょう。あなたの没頭している事柄に興味なければ相手はすぐに腹を立てるか一緒にいるのが退屈だと思うでしょう。共通の趣味を通じて出会った恋人であれば,共通の話題や一緒にできる活動がたくさんあり,そのような事態を避けられます。

・結婚棚談所

 これには高額の費用がかかります。業者は適当な人を紹介してくれるかもしれませんが,お金がかかるのはやむを得ません。しかし,偶然や自然な出会いの方が,成功率が高いように思います。

・インターネット上の紹介サイト

 これは,アスペルガーの出会いの場としてふさわしく,結婚相談所よりもコストがかかりません。ネット上の交際相手紹介サービスは,デ一夕ベースを無料で使えるところもありますが,会員と直接;でうときには費用が発生します。一般に,月々銀行口座からの自動引き落としで支払われるため,会員歴をチェックしないと気づかぬ
1うちに高額の支払をしていたというおそれがあります。成功率が他の方法と比べて特に高いというわけではありませんが,もし交際経験がないようでしたら,手始めに利用してみてもよいかもしれません。

・出会いパーティー(合コン)

 結構人気のある方法です。しかし,パーティーの進行がかなり早いので,もしあなたが,アスペルガーの特性のために一度に多くの人と出会うことが大きな負担となるなら,お勧めできません。その上,元々消極的なタイプであれば,本当の自分を見せるまでに時間がかかり,短時間で‘て寅じる”プレッシャーに押しつぶされるかも
しれません。しかし,世間一般には好まれている方法です。

・ソーシャルネットワークサービス(フェイスブック,ツイッター,LINEなど)

 大勢の人たちとプラトニックに話をするのによい方法で,たくさんの人と仲良くなれる利点があります。ですが,誰とでも会話できるという危険性もあるのでネット上の安全規則を確認してください。