アスペルガーの人は感傷的なことは好まず,ロマンスの概念がなく,愛情について理解がないという,古い固定観念があります。私たちの場合,これまでの経験からこの古典的なタイプには全くあてはまりません。しかし,ロマンスや愛情,および感傷は,必ずしも恋人の間になくてはならない絶対的なものではなく,個々が必要とする強さの程度があります。もし,双方がロマンス,愛情,感傷が苦手であれば全く不要だし,どちらか一方だけが好むのなら,少なくとも互いの要望をすり合わせ,譲歩するよう努めましょう。
 愛情いっぱいで,ロマンチックでいるために,大げさで感傷的な態度をとり続ける必要はなく,さりげないふるまいが喜ばれます。
 例えば,

・小さなロマンチックなメッセージを付箋に書いて,家の中,あるいは相手のポケットに貼っておく。
・食事を一緒につくる,あるいはサプライズとして何かをパートナーのためにつくる。
・パートナーが欲しがっているが,貰えると期待していないものをプレゼントする。