・かっこつけ過ぎないこと。つまり,全く相手に関心がないかのようにふるまわないように。
・相手に気がないそぶりをしてはいけません。自分の気持ちに正直な態度をとってください。まるで関心がないかのような態度をとり続けると,相手からそう理解されます。
・自分のことばかり話さず,相手のことを質問するよう心がけてください。“デートでの会話’’()を参照して下さい。
・もし可能であれば,相手の友だちから,自分はどう思われているのかを聞き出しましょう。
・しかし,その友だちにデートのことを逐一報告する,あるいは自慢話をしてはいけません。気を悪くされるかもしれません。
・いつも親切で,信頼できる人でいましょう。これは,人として魅力的です。
・ユーモアを忘れずに。しかし,ばかばかしく下品なユーモアは,避けるのが安全です。
・ユーモアのセンスが未熟であれば,信頼のおける友人からヒントをもらいましょう。
・デートでは,ふつう断りなしにたばこを吸いません。
・デートが十分うまくいっているとわかるまでは,お酒の飲み過ぎ,たばこの吸い過ぎに注意してください。
・允事の注文をするときに,食べにくいものや汚れるものは,避けましょう。
・たとえ慣れていなくても,テーブルマナーはきちんと守るよう心がけてください。
・映画の途中では,話しかけません。
・デートで,絶対に大丈夫であると確信が持てるまでは,相手の体に触れてはいけません。
・お互いの関係が,体に触れてもいい段階にあるかを知るため,まずは試しに腕や手にふれる,あるいは「腕を組んでもいいですか?」と尋ねるのがいいでしょう。
・デートでの初めてキスは,相手の頬に軽くするのが最も安全でよい方法です。拒否されなければ,くちびるに軽くキスしましょう。これもOKであれば,もう少し長くて親密なキスをしてみましょう。
・この方法がとても難しいと感じたら,シンプルに「キスしてもいい?」と聞いてください。