○ケース5
氏名:C子  年齢:18歳(大学1回生)
アスペルガーの診断を受けた時期:6歳
自分がアスペルガーであると知った時期:12歳
1今おつき合いしていますか?
 いいえ。
2 これまでに,おつき合いしたことはありますか?
 いいえ。高校二~三年で,同じ人からメールと口頭で交際を申し込まれました。返事は,メールでNOと答えたのですが,その時の自分の気持ちは覚えていません。高校卒業後も,何度も申し込まれるので,NOというのはあまり気分が良くないし,悪いなと思います。最近は,“あ,またが’という感じです。現在,この男子とは週に数回のメールをし,たまに誘われて買い物へ出かける「異性の親しい友人」です。徒歩と自転車,時々電車を使って,お金のかからない所に遊びにいきます。
3 アスペルガーは相手との関係に影響を与えましたか?
 わかりません。
4 アスペルガーがおつき合いに与えた悪かった点
 彼からの告白を断ったのですが,親しい友人として接しています。最初,彼からのメールに律儀に返信していたら,彼も熱心に送り返すので,眠れなくなりました。メールの切り方が分からなかったので,母親に見せ,作文を依頼し,自分でそれに修正を加えて送る練習を一週間くらいしました。本人には伝えていないのですが,彼の愚痴や悩みにきりがなく,いろいろと考えることがうっとうしく,返答の仕方に因っています。放っておいて落ち込まれると面倒だし,彼に「負担か?」と聞かれても「大丈夫」と答えてしまいます。自分は,感情が表情に出ないタイプなので,私が因っていることに彼は気づいていないでしょう。
 一緒に遊びに行って,自分のジュースを買って一人で飲んだことがあり,母親に二八分買って彼にもあげるということを教わりました。気分が落ち込むことがあり,夜や明け方だったり,一日中のこともあるし,そうでない日もあります。そんな日は布団にこもっています。食欲に影響します。