○ケース3
氏名:A子  年齢‥17歳(高校2年生)
アスペルガーの診断を受けた時期:10歳
自分がアスペルガーであると知った時期:13歳
1今おつき合いしていますか?
 はい。昨年,すでに仲のよかった男子に自分から告白したら,「今は友人としてしか考えられない」と断られました。今年になり,たまたま二人で下校したとき,“去年の中途半端な答えをもう一度やり直す”といわれました。その数日後,友人数人も交えてお祭りに行った帰りに,「つき合っていいよ」と返事をもらったので,「よろしく」と答え,二人で手をつないで帰りました。
2 これまでに,おつき合いしたことはありますか?
 はい。高校一年時,メールでやりとりをしていた“友人として好き”な同級生を意識するようになり,おつき合いを始めました。ひと月後に,「冷めたから友だちに戻ろう」と言われ,その時はすごくショックを受け,二~三ケ月は自分より不幸な人がいると考えられなかったです。“あの人よりいい男はたくさんいる”と,慰めてくれる友人がいて,クヨクヨしても仕方ないと思えるようになりました。現在,元彼とはクラスが違うので,あまりしゃべりません。
3 アスペルガーは相手との関係に影響を与えましたか?
 アスペルガーのためかどうかははっきり分からないのですが,次の三つが関係あるかもしれません。
・相手を甘やかしてしまう:一緒に帰る約束の急な変更・決定にも相手に合わせてしまう。
・許せない冗談がある:「バカ・あほ」と言われても許せるが,「死ね」は相手が彼でも許せない。
・相手へのダメ出しをする:でも,なるべくまずい本音は言わず,はぐらかすように工夫している。
4 アスペルガーがおつき合いに与えた悪かった点
 アスペルガーのためかどうかはっきり分からないのですが,学校では友人として接してほしいと言われて困りました。元彼へのスキンシップの行き過ぎが別れの一因かと思い当たる節があったので,その申し出を受け入れました。しかし,一緒に下校しているのを友人に見られ,“つき合っているのが と聞かれ,“つき合ってない”とウソをついたものの,苦痛に感じました。
(追加の質問)相手に自分がアスペルガーであることを告知しましたか?
 ずっとつき合うなら“いずれ言わなくちゃ”と思っていました。ある日,数学の得意な彼に「なぜあの間道が解けないのか?」と不思議がられた時に,「私にはアスペルガーという脳の障害がある」と口頭で伝えたところ,以来テストで良い点が取れないことをとやかく言われなくなりました。
5 アスペルガーがおつき合いに与えた良かった点
 私が彼とおつき合いできるなんて奇跡,神様からの贈り物と思います。彼といると,自分が自分らしくいられ,安心できるのです。物知りなのでたくさんしゃべってくれるし,一緒に帰るのが楽しいです。興味のない話題でも,彼はそれなりに共感しているふりができる人です。この交際によって,私は自己中心的な考えを取らなくなったと思います。
6 おつき合いがうまくいくために必要とするサポート
・“つき合っているのか?”としつこく聞いてくる人を,うまくはぐらかしてくれる人が欲しいです。
・彼に対しての願いですが,自分の直せるところは直すので,突然別れの話をするのではなく,自分のいやなところは事前に知らせて欲しいと思います。
7 性別はアスペルガーの交際に影響を与えると思いますか?
 大差はないと思います。それより,個人差の方が大きいのではないでしょうか。
8 愛情,ロマンス,感傷的なことは好きですか?
 相手には相手の理想のつき合い方があると思うので,現実には思い通りにならない無理なこともあるけれど,心の中では求めています。互いの思いを押しつけあって,ケンカ別れになるのは悲しいので避けたいです。
9 おつき合いで,体が触れ合うことをどう感じますか?