訳者より

この章では,英国人2名(男女各1名),および日本人5名(男2名,女性3名)の当事者を対象に行った,交際についてのインタビューを紹介します。前者は本文の第7章として掲載されていたもので,後者は訳者(小谷)が英語版を基に翻訳して作成しました。基本となる質問は以下のとおりで,日本人へのインタビューにのみ,*印の但し書きをつけています。また,追加の質問をした場合は,その内容と回答を記載しました。

「自分がアスペルガーであると知った時期」とは,医療的診断の後に,親や主治医から告知を受けた,あるいは自分でそうと確信した時期(年齢)のことであり,日本人にのみ尋ねています。

氏名:          年齢:  歳
アスペルガーの診断を受けた時期: 年  月( 歳)
自分がアスペルガーであると知った時期‥  年  月( 歳)

*以下の「おつき合い」とは,「恋人」を意味します。恋人のいない場合は「異性の親しい友人」をイメージしてお答えください。
1.今おつき合いしていますか?〔はい・いいえ〕
2.これまでに,おつき合いしたことはありますか?〔はい・いいえ〕

*1も2も「いいえ」の場合,以下の質問は「異性の親しい友人」をイメージしてお答えください。

3.アスペルガーは相手との関係に影響を与えましたか?
4.アスペルガーがおつき合いに与えた悪かった点
5.アスペルガーがおつき合いに与えた良かった点
6.おつき合いがうまくいくために必要とするサポート
7.アスペルガーの人がおつき合いするうえで,性別によって違いがあると思いますか?
8.愛情,ロマンス,感傷的なことは好きですか?
9.おつき合いで,体が触れ合うことをどう感じますか?
10.感情の交流を心地よいと思いますか?
11.結婚や長いつき合いを望んでいますか?
12.家庭を持ちたいと思いますか?
13.他のアスペルガーや似た特性のある人とのおつき合いを望ましいと思いますか?
14.社会から誰かとおつき合いすべきとのプレッシャーを感じますか?
15.おつき合いするために十分な共感性を持っていると思いますか?

以下で質問した内容をまとめてまいります。