これは,アスペルガーであろうとなかろうと,だれしも神経をすり減らすことで,心配し過ぎることはありません。顔見知りや友人にアプローチする方が簡単かもしれません。つまり相手には,ただ友人としてお茶や映画に誘いたいのだという印象を与えるために,例えば,“見たい映画があるけど,一人ではつまらないし一緒に見に行かない?”と誘ってみればよいのです。

 交際したいと思える人が友人の中にいなければ,職場で昼休みに誰かランチに誘ってみませんか?もし,その人と気が合えば,最悪礼儀正しく断られるかもしれませんが,相手はきっと好意を持たれたことに感謝し,うれしく思うでしょう。友だちも職場も期待できかナれば,出会いのチャンスを求めて,誰かを紹介してもらえそうな活動に参加してはいかがでしょうか。

 知らない人にアプローチするのも悪くありませんが,街中で声をかけるのは少し気が引け,戸惑います。その場合は,飲み屋やクラブといった人々が集まる場で声をかけてはいかがでしょう。しかし,その場所が安全かどうかを確認してください。実際には,スーパーなどで出会った人と交際することもあります。あなたの成功した経
験談をぜひお知らせください。

 男性であれば,“気持ち悪い”あるいは“下品”と思われない態度をとりましょう。だれかにアプローチするときに,“プレーボーイ”のように演じる必要はなく,礼儀正しくさりげなく話しかけるだけでいいのです。その場の状況にあわせて,何か話題を選びましょう。共通の趣味を持つ人たちの活動に参加しても,出会いの可能仰があります。また,飲み屋やパーティーでは,会場に流れる音楽をきっかけにして,相手の好きな音楽について尋ね,飲み物をおごることを申し出て会話をふくらませます。パーティーで,好感の持てる人をみつけたら近くに行き,どうやってパーティーを知りましたかと話しかけてみてもよいでしょう。そこから,会話がスムースに始まります。型どおりの口説き文句などは,逆効果になるのでやめましょう。

 女性の場合も同じヒントが使えます。男女平等の世界ですから,女性から男性にアプローチしてはいけない理由はありません。男性の中には,女性からのアプローチをユニークだと好感をもつ人と,積極的すぎると敬遠する人がいるでしょう。どう感じるかは,アプローチされる側の男性によります。まずは,誰かにその人がどんなタイプかを尋ねてみましょう。もし,それができなければ,思い切って告白しましょう,何も失うものはありません!