現在,自閉症スペクトラム障害は感情に起因する疾患ではないと考えられています。感情と関連はありますが,感情自体が疾患を引き起こしているのではないのです。このことは,交際する上で知っておくべきでしょう。知らなければ,パートナーとの関係は壊れるかもしれません。またまた今日も次に,アスペルガー症候群が恋愛関係に与える影響を表に示しました。

適職を見つけ,続けるのが困難

パートナーは,経済的負担を大きく感じ,あなたが能力や技術に見合わない仕事をすることを残念に思う。

アスペルガーの特性に合った職業を探すことが大切です。アスペルガーの就労に関する支援サービス.ネット上の資源や書籍から情報を得られます。誤解を避けるため,雇用者にはアスペルガー特性に関する情報と,雇用の利点を伝えてください。

失敗

自分は悪い星のもとに生まれたダメな人間であるという思い込みは,心配し支えてくれるパートナーにストレスを与える。

ネガティプなことばかり考えるのは止め,過去の良かったことに気持ちを向けてはいかがでしょう。恋人からの褒めことばやサポートを受けとめてください。

心配事

偏った,不必要な心配事は,パートナーを驚かせ怒らせる。

心配事を和らげるため,恋人にサポートを求めましょう。アスペルガーのために世の中が恐ろしく不安にみえることを受け止め,恋人がこれを理解しているか確かめます。最悪の心配事は,めったに起こるものではありません。

危険察知の欠如

パートナーは不安になり‘‘保護者”の気分になるかもしれない。

安全ガイドを読みましょう。パートナーには,アスペルガーは,例えば危険などの社会的認知に課題があると説明しましょう。必要であれば,恥ずかしがらずに助けを求めてください。

障害や“違い”の考え方

アスペルガ一について,あなたやパートナーがネガティブに捉えていると,二人の関係がうまくいかなくなる。

性格の良いところを一緒にみつめ,自分の素晴らしさを認めましょう。アスペルガーは“違い”であり,社会の不適切な扱いによって“障害”になることを,共に認識しましょう。